主婦だって自由気ままに過ごしたい

群馬で仕事をしながら趣味に没頭する30代主婦のブログです

現実と幻聴の狭間

私は統合失調症なのかもしれません。

怖くて、担当医の先生にハッキリとした病名は聞いたことがありません。

でも、いただいている薬はネットで調べると「統合失調症のお薬です」と、書かれています。

(;-ω-)ウーン

 

1番の症状は、幻聴や、人の声、音に対して異常な反応。被害妄想。などなどです。

幻聴は聞こえ始めると、しにたくなります。

人の話声は一度気になり始めると、小さい声でも気になって、全てに対してイラつきます。

そして、みんながみんな自分のことが嫌いなんだと感じます。

 

なんだろう。

 

 

次に病院に行った時に、先生に聞いてみよう。

もう通院はじめて、14年くらいになるのですが、ドキドキしますね。

最初は本当にうつ状態だったのです。

うつ病の症状でした。どこの病院へ行ってもうつ病と言われました。

うつ病からの統合失調症ってあるんだろうか。

 

1番最初に聞こえた幻聴は、お笑い芸人のCDを聞いたあと、音源を止めても、そのお笑い芸人が私のことを笑い者にしてくるのです。

スピーカーの電源を抜き、さらにテレビの電源も抜き。電化製品の電源をすべて抜き。

それでもなお聞こえてきたので、「あーこれは幻聴なんだ」と、ようやく気づいたのです。

 

車を運転している時などに聞こえてくると、怖くて路肩に止めるしかありません。

なるべく、運転しないような生活を今は送っていますが。

 

幻聴がして、仕事を休みたいと言っても、職場の人間はもちろん理解できません。

だから、自然と「体調不良」という理由での有休申請が増え、「またですか?」と、嫌な顔をされ(これもまた被害妄想なのかもしれませんが)、悪循環です。

 

さらには、出勤時は普通に過ごせているので、「精神疾患がある」と言っても、誰も信じてくれません。

 

どうしたらいいんだ。